キャットフードの人工添加物の危険性|おすすめの安全なキャットフードは

キャットフードの人工添加物の危険性|おすすめの安全なキャットフードは

突然にしかし、みなさまはキャットフードを取得する際、原材料名を見渡していると思われますか。

粗悪なキャットフードの意外なものとして、食べ物と言われるものは呼べ不足している原料や人工保存料が活用言われているということがです。

どこのような原料が危険なのか、いずれのような衝撃を保持しているのか、添加物と素材をまとめました。

猫ちゃんの体に丁重なキャットフードの選び方と、バックアップキャットフードも勧めたいと考えています。

添加物の入ってい所有していないキャットフードに関しまして詳しく知りたい方は下記せいでどうぞ

肉副産物の危険

肉副産物とは、具体的に言えば「ヒトが口にしない動物の肉」となります。

食用肉は人間用に販売し、残りのことは格安でペットフード製造会社へ販売されそうです。

そういった肉副産物ことを願うなら、目玉やくちばし、内臓や血液などが含まれます。
更に「4Dミート」と評される危険な肉が肉副産物として実施されることも。

4Dミートとは、病気や怪我、奇形などが理由で出荷出来ない肉を指していきます。


これらの「食用では欠ける肉」は安全とは言いがたく、健康を害するの割合が考えられます。

 

■保存料とは?危険性は?

 

保存料は食品の風味や見栄えをかわいくしたり、品質が低下しないよう添加されると言えます。

品質の低下したキャットフードは食いつきが悪くなるほか、下痢や嘔吐といった健康被害を及ぼ実践します。

 

 

ひときわキャットフードは脂質が普通で含まれているという理由で、保存様式が悪いと速攻で酸化してしまうとのことです。

 

それには、キャットフードの酸化を防ぐ為に「酸化防止剤」が大事になってきます。

これだけ考えると「保存料はいいものでは」というような方も存在するはずです。

ところが、保存料には「発がん性物質」や免疫を低下させる恐れのあるものも含まれます。

 

ペットフードの成分表示を責務付ける「愛玩動物用飼料の安全性の確保についての法律(ペットフード安全法)」だと、これら保存料を「一切活用することではいけない」と言われるのは規則ていません。

あくに関することまで「汚染された原料を使用し足りないこと」「開設された上限に従い添加敢行すること」を定めて見受けられるに過ぎません。

 

 

さらには、周辺環境省は「原材料に含まれる添加物の表示は義務においてない」と見なされて存在するはずです。

一言で言うと「危険な保存料を活用中のけど、どのほど使ったかは内緒」という様なのと同じだという事をご存知ですか。

 

 

保存料の監視や表示に関して、海外のほうが品質決まりが厳しく、安全と言えるのではないでしょうか。。

ペットフード安全法に基づき製造統計が出ている国内製のキャットフードは危険と言わざるを得ません。

 

酸化防止剤はなぜ危険?

 

キャットフードは脂質が当たり前で酸化手軽なことをご報告したのですが、その理由は当たり前のことですが「酸化防止剤」が使用いわれるだからす。

酸化防止剤ことを狙うなら、3つの種類が考えられます。

 

1つめは「天然」と評される酸化防止剤だ。

成分は「天然ビタミンE」でしょう。

天然の酸化防止剤は、ハーブなどせいで酸化防止に効果の見られる成分を抽投じたものです。

 

 

安全性が割高に、キャットフードをお選びになるでは天然の酸化防止剤をお選びになることが期待できるです。

キャットフードの成分表示の場合以下と比べて表示されそうです。

 

はじめとする注意!という画像が付きます。<例>
・酸化防止剤(ローズマリー抽出物)
・酸化防止剤(緑茶抽出物)

2つ目は「天然型」と言われる酸化防止剤だ。

こちらは天然のビタミンEに酢酸を加え、ビタミンの形を安定させたもことからす。

しかし体に入った際、より可愛く決めるのは天然のビタミンEとなります。

キャットフードの成分表示だとしたら以下と同様に表示されると言えます

<例>
・酸化防止剤(ミックストコフェロール)

3つ目は「合成型」と評される、一番危険な酸化防止剤でしょう。
合成型は主に石油から精製されるでしょう。
天然や天然型と違い、合成型ことを狙うなら最右翼の毒性が指摘発表されています。
キャットフードの成分表示だとしたら以下と比べて表示されると言えます。

<例>
・酸化防止剤(エトキシキン)
・酸化防止剤(BHT)
・酸化防止剤(BHA)

とりわけ心配な添加物

初めてみる項目では、徹底して避けるべき酸化防止剤と添加物をお薦めします。

 

ひとまずリスクな酸化防止剤

エトキシキンエトキシキンは食品添加物ではないのです、農薬だと思います。
食品安全委員会のチェックの発表では、エトキシキンを投与された実験動物は数十日後に命を落と見なされて存在しています。大切な死因は、悪性リンパ腫(がん)でした。

エトキシキンは日本だとすれば食品添加物として採用するという考え方が許されてい足りない、想像以上に危険な薬品という性質があります。
BHTBHT(ブチルヒドロキシアニソール)は、エトキシキンと変わることのないく発がん性が認められる薬品でしょう。

 

元を正せばの用途は、石油の酸化防止剤になっていて、食品向けだとは限りません。

過去、人間の食品にも添加考えられてしまいましたけれど、発がん性が言いつけされた後BHTを保有している製品は大よそなくなりました。

 

BHABHA(ブチルヒドロキシアニソール)も発がん性が認められていると推定されます。

こちらも動物実験のインパクト、悪性リンパ腫(がん)で多くの動物が命を落と見なされていると推定されます。

国中で食品添加物と使用されることはめずらしくてすが、輸入食品には使用統計が出ていることが標準的なので、、猫ちゃんに限定されず飼い主さんも注意が肝要になってきます。

ガソリンの酸化防止剤を、保有している有益な猫ちゃんに与えられますか。

 

危険な人口添加物
ひときわ心配な人工添加物

硝酸カリウム/亜硝酸ナトリウム硝酸カリウム・亜硝酸ナトリウムはキャットフードの発色剤といった形で活用されると言えます。
この2つが体内で遭遇すると、発がん性物質に異なっています。

 

ペットフード安全法では実行を認めながらも上限を基本ているため「危ないけど優秀と言えるので、少しなら使用して優れたよ」と片目を瞑って見られるに過ぎません。

体が小さい猫ちゃんには猛毒であることは高水準であるお蔭です。

不安な合成添加物

プロピレングリコール今、ペットフード安全法によりプロピレングリコールはキャットフードへの添加が禁止言われるため、直接猫ちゃんの口に入ることはないのです。

着色料の溶剤やウェットフードの保湿を目的とし添加されると言えます。

もしも、猫ちゃんがプロピレングリコール入の食品を口に続けると、赤血球に異常をきたす危険があるため要注意です。

安全性が比較考えられていない添加物

グリシリジングリシリジンは甘味料としてキャットフードに添加されると言えます。

 

グリシリジンの正体は、甘草(カンゾウ)の茎や根お蔭で抽出されたエキスです。

でも、グリシリジンは安全性が対比言われていない甘味料になります。

その理由は「何のために甘いのか謎」そういう理由で想定されます。

そんな理由の為人間の食品に独自に添加されることは所有していないと考えられます。

キャットフードおすすめランキング

シンプリーキャットフードの悪評や口コミについて

自己紹介

ブログ管理人の愛猫家です。

ここではプレミアムキャットフードのおすすめや、品質の高い、人間でも食べられるキャットフードをお教えしています。

 

国産・イギリス産・オランダ産とありますが、原産国に応じてそれぞれ特徴や匂いも変わってきます。

それが原因で猫も食べづらかったりするので、事前にしっかりとご覧くださいませ。