キャットフードの人工添加物の危険性|おすすめの安全なキャットフードは

キャットフードで国産で最高品質は?おすすめで安いキャットフードを探せっ!

無添加において安全なキャットフードは?カテゴリーの比較

キャットフードは原材料となる肉や穀物と、それらを保存チャレンジする為の酸化防止剤、猫の食いつきをしっかりとチャレンジする為の人工香料・猫ことを希望するなら全く関係欠けるのに飼い主に美味しそうと思わせるから使われる着色料などといった添加物のために作られてお待ちしています。

 

酸化防止剤や香料は通常由来の成分を活かした「人工添加物無添加」のメーカーも多くなってきました。

 

また、原材料となる肉や穀物の質にもこだわってくれるメーカーが多くなってきました。ここでしたら13種類のフード成分を徹底比較し無添加で安全なキャットフードにつきまして詳しくお見せしているようです。

キャットフードの危険度比較表

危険な添加物・原材料を各メーカー毎にどの程度使っているのかを損評価で比較表にまとめましたのでフード決定の参考にしてみて下さい。

この対比表はあくまで添加物・材料を登録している数(種類)だけで評価しているようです。正直に言いますとそこに量(どれくらい使われているのか?)が関わってくるため、あくまで1つの据置としてご覧してみてください。

キャットフードに含まれる危険な添加物

BHA・BHT(酸化防止剤)

BHA(ブチルヒドロキシアニソール)

BHT(ブチルヒドロキシトルエン)

 

各々油脂やバター、冷凍品など範囲が広い人間用食品にも幅広く使われている酸化防止剤でしょう。

 

BHAにおいて発がん性が認められており、厚生省も実施を禁止しようとなったのですが、日本に対しての輸出品に多く使われていた為、欧米せいでプレッシャーがかかり使用禁止に実施することが出来ないでしょうでした。

それはヒト用の食品に関しての話題だったとしても、人物ですら危険になっていて、イギリスの小児病舎をするにあたっては食事せいでBHA・BHTを徹底して抜くみたいに指導されているはずです。わずかの体の猫にどれくらいの影響を保持しているかは測りきれません。

エトキシキン(酸化防止剤)

安価でGETでき、酸化防止・防腐効果が割高に、

飼料の添加物という身分で全世界で広く使われているはずですが、日本場合は添加物と考えても農薬と考えても認可想定されていません。

 

毒性がいたって強い為に食品に直接添加されることは監視されているのではないでしょうかが、

エトキシキンが含まれた飼料を食べた家畜等々の残留許容量は1ppmです。

につきましてこれがペットフードであるとドッグフードで75ppm、キャットフードの場合150ppmだと言われています。

 

それは犬や猫がエトキシキンの煽りを受け難いからをするにあたってはなく、単に問題視言われてこつなげられないといるでしょう。

 

人が直接摂取為すべきことが認められていないものが150倍も含まれたキャットフード…しっかりと食べさせたくないと言えますよね?

 

ちなみにエトキシキンに表示責任はございません。「エトキシキンは使用していません」等々の表示があるものを設置にする他、「4Dミール」にはエトキシキンがいっぱいあり使われていると断言します。その訳は船で運ぶ際に高温となり、人並み発火を防ぐ為に添加発表されています。

 

こんなものは食材とは言えませんよね?なお、材料にこのような添加物が使用言われていても、ペットフードメーカーが加工の局面で添加始めたものでなければ表示の責務は無いのが本当のところです。

エトキシキンをみなさんのかどうか見分ける理由

表示ラベルに「エトキシキンは用いることでいません」などといった表示を保持している

「4Dミール」などが使われてい所有していない
当WEBで評価始めたキャットフードにエトキシキンを用いている(表示している)メーカーは無し

 

猫に関してはは色味は食欲にまったくもって関係ございません。その為、飼い主に美味しそうに見せる為だけに使われ、以下と似ている健康被害のリスクが考えられます。(果たして個人個人リスクは別々となっていますが、総合的に売り込みいたするのです。)

 

 

アレルギー等々の危険が伴おります。これらは全てラットでの実験で認められた健康マイナスです。猫はそれぞれでキャットフードを打ち込むことは不可能だと思います。こんな誤ったものが入ったフードはきっちりとあげないでしてみてくださいね。

人工香料

人工香料とかかれて見られるのみで、詳しくその中身を知ることは不可能ですが、人工香料のその他には洗剤や柔軟剤などにも使われるようなものも設けられていますし、皮膚毒性が強い成分・発がん性の設置されているもの・ラットに伴う死亡収益の掲示されているものなどいろいろあってす。

 

となっていますが正直に申し上げて何を使おうが「香料」や「人工香料」などと書けばよいわけとなります。こんな無責務なことはないと言えますよね?どういうわけでこんなものを使わないといけないのか?なぜかというとゴミみたいな原材料を熱して築いて開発したキャットフードだからです。

 

当然そのままでは食いつきも悪いので、猫が好む香り付けに力を入れています。具体的に良い原料を通したフードは香料なんて使われていません。何とかそのようなフードを選んであげましょう。

当WEBページで評価実施したキャットフードに人工香料を実践中のメーカーは無し

キャットフードに含まれる粗悪な材料

ここでは「肉」の「副産物」に関しましてお勧めいたします。「MeatBy-Product」(肉副産物)とは単純に言ってしまうと哺乳動物の肉以外のポイントは全てが該当するのです。

 

内臓や脳・汚物を取り除いた小腸・肝臓・腎臓・血液・骨、至極なってくると毛皮やヒヅメ・角なんかも混ざってきます。になっており「鶏副産物」ならば集められた豊富な羽を高温・高圧で燻製し、粉末化したものだったり実践します。勿論のこと、こんなものは猫の場合は消化に悪く、少なくとも離乳期には絶対食べさせては酷いことになります。

 

4Dミール

Dead=死んでいる

Dying=死にかけ
Diseased=病気見られる
Disabled=障害見られる

 

これらの動物の肉が「4Dミート」と呼ばれ、人物用に出巡視することはまず存在しません。狂牛病で相応しいりガンになった動物などの肉が使われているみたいです。

 

人間用だったら、これらの低品質なものは除外されるでしょうが、ただ処分される訳では無く、ペットフードとして再信用されているのが本当の姿です。

 

安いキャットフードくらいこの「4Dミート」が使われています。価格を制する為それにもかかわらず、

こんな材料が使われていると身に着けたとしても「4Dミート」入りのキャットフードを愛猫にあげられますか?

 

但し、アズミラ限定では原材料表示では「ミール」と書かれているようですが、他のメーカーに相当する低品質なミールと違い、ヒューマングレードのミールを利用することでいると断言できます。

廃棄物

これに関しては予想外に広い意味となってしまうのですが、例えるなら「穀物の不合格品」や「病死した動物」大きくにかく人間用としては使えない、「元を正せばなら廃棄するレベルの材料」と考えられる認識で安心できると思います。

「穀物の不合格品」と聞くと、皆さんは何を思い浮かべますか?「残留農薬値がオーバーしたもの」

「放射性物質の調子超え」など様々です。「添加物」のことで触れたエトキシキンは者用の食材ならファクターは1ppmでした。家畜の飼料に使われて存在していますが、

これで基準値より更にしまった家畜は安くペットフード用に回されるであるためすね。

 

キャットフードなら皆さんの150倍の基準値ですので、人ように育てていた家畜がこの基準値よりも高いことは先にありえませんからね。

遺伝子組み換え原料

国内ではあまり馴染みの足りない「遺伝子組み換え食材」だけど、米国では遺伝子組み換え食品が世に出した頃からガン・白血病・アレルギーなどといった慢性疾患が急増進めていることをご存知と思いますか?

 

幸い、目下回私がレビュー始めたキャットフードには「遺伝子組み換え原料」を活かしたフードはございませんでしたが、あり得ないことかもしれませんが原材料の欄に「遺伝子組み換え」という内容が書いてあったならば必ず買っては駄目でしょうね。

 

遺伝子組み換え原料を実践中のメーカーは無し

ビートバルプ
ペットフードに利用する原因は「天然由来の繊維しつで便秘や肥満を介助」のがペットフードメーカーの言っている内訳で、明確にキャットフードの「かさ増し」と「嗜好性(食いつき)」を改善させる為です。

 

同様な甘味料は人間においてはの砂糖中毒と同様に作用し、「甘味料の入ったフード」ということより「健康的な甘味料無しのフード」に切り替えるのに2~3週間かかる状況も。糖分を毎日摂取施すことで副腎を酷使し、アレルギー性の症状を悪化させる事情にもなるのです

 

大豆

醤油変わらず味噌の原料となる大豆なんですが、キャットフードに使われる大豆は私達が想定しているものとは少し異なります。

「大豆ミール」や「大豆粉」と書かれて見られるケースがいっぱいいますが、その理由は大豆の加工メーカー(津々浦々を例に話をするとすれば醤油屋や豆腐屋)から出た産業廃棄物を乾燥・加熱したものでしょう。

大豆は雑食のヒトですら発酵させて納豆にしたりしないとすれば消化が想像できない食べ物です。当然猫に限って言えばも消化に悪いのは話すまでもないと言えます。

キャットフードおすすめランキング

自己紹介

ブログ管理人の愛猫家です。

ここではプレミアムキャットフードのおすすめや、品質の高い、人間でも食べられるキャットフードをお教えしています。

 

国産・イギリス産・オランダ産とありますが、原産国に応じてそれぞれ特徴や匂いも変わってきます。

それが原因で猫も食べづらかったりするので、事前にしっかりとご覧くださいませ。